スキャンダルが止まらない

隣国韓国大統領のスキャンダルが、どんどん過激な報知になってきています。韓国の与党の一部からも、大統領の離党バックアップが報道されていました。残っている任期の1ご時世4カ月を、朴大統領は全う狙うようですが、従来最少とも言われている客受けをたたき出した本日、いともつらい状態ではないでしょうか。日本のワイドショーやテレビも、こういう報道をものすごく取り扱っていますので、興味を持つ方も多いと思います。隣国の報道ですが、日本にも大きな反響があり、単に環境という安心確約の弊害は、深刻なレベルにならないといいのですが。個人的に気になるのは、最近の韓国政府はお天道様韓承諾を通じて、いわゆる従軍慰安婦弊害の到達に向けて動き出していました。ただし、今回のスキャンダルで朴大統領の求心力は低下してしまい、これまでのような動きにはならないということです。つまり、韓国議会は今野党勢いの方がマジョリティーを超えてあり、その人たちの反日的物腰が聞こえてきているからです。去年末日のお天道様韓承諾の無効すら言い出しかねません。今でも韓国国内の人気の中には、お詫びといった補償を求める感想があります。こちら20ご時世くらいの時間、お天道様韓間柄をこじらせている原因の1つでもあります。しかも全国サイドはもはや、お天道様韓承諾において10億円を寄進済みだ。また韓国サイドによる「到来立場が動かされる」に関してもゼロでは無くなってしまったと言えると思います。長年のお天道様韓関係の気がかりされている弊害だけに今後の傾向が気がかりです。

カテゴリー: 未分類 タグ: パーマリンク