グレープはなぜ課長に人気なのか

わたしはせどりというウェブビジネスを通じていらっしゃる。本やTVで取り上げられたりもしていますので、ご存知の方もいるかと思います。簡単にせどりはどういうものか説明すると、雑貨を安く引き取り、実利を乗せてAmazonやヤフオクで転売するというシンプルなものです。
せどりの主な仕入れ先はブックオフなどの業者、またはweb購入だ。
業者で奪い取る振舞いをただせどりというのに対して、web購入で徴収を完結することを電脳せどりと言います。
ブックオフにいらっしゃることがあるユーザーは、スマホ片手に読み物を漁ってある怪しそうなクライアントを見かけたことがあるかもしれません。
こういうせどりを行う方々のことをせどらーと言います。
ここ数年はブックオフサイドもせどらースキームに乗り出し、古本の金額をAmazonと同じに設定するなど、せどらーの締め出しを行っています。以前と比べて引き取りられる読み物の総計は減りましたが、Amazonで新品の無い雑貨、いわゆるプレミア金額で売られている雑貨はブックオフも正価以上で並べることをしていないので、今現在は買い取ることが出来ていらっしゃる。
たとえば正価2.000円の読み物がブックオフで1.760円で売られていると行う。但しAmazonでは新品のストックがなく、古本で7.000円以上の金でコンスタントに売れている雑貨があるのです。こういった雑貨のみが引き取りられますので、利益率はブックオフがスキームに乗り出す前よりも良くなっていらっしゃる。
そうすると、最高損をするのはただ古本をブックオフに買いに来て、ご自分でよむ通常のゲストなのです。
Amazonで貰うほうが、ブックオフで貰うによって少ない雑貨がほとんどですので。
いつまで続けられるかはわからないほど難しい取引ですが、依然としてしばし頑張ってみようと思います。

カテゴリー: 未分類 タグ: パーマリンク